小泉製麻株式会社

ENGLISH

MESSAGEご挨拶

One Step Forward!一歩前へ踏み出せ!

小泉製麻は1890年に黄麻紡績事業から起こりました。
 創業者小泉新助が英国サミュエル社と小泉糸店の出資により、神戸市灘区都賀浜で黄麻紡績工場を立ち上げた時代に思いを馳せると、「起業」という大きな挑戦を通じ、当時の社会課題に立ち向かった姿が浮かんできます。

小泉製麻の社是である「至誠協和・創意開発」は、創業者小泉新助の社会課題に挑戦する精神を表現したものです。その精神は、戦争や石油危機、阪神・淡路大震災といった明治から令和にかけての大きな社会変動を乗り越えてきた小泉製麻の本分と言えます。7代目社長である私の使命は、創業者から脈々と受け継いできたこの「至誠協和・創意開発」の精神を胸に、社会課題に挑戦し続けることです。

黄麻紡績から端を発し、今では化学繊維も含めた繊維事業やブロー成型事業も手掛けるようになりました。輸送梱包分野・農業分野・土木分野・緑化分野と事業分野は多岐に広がり、進化をしています。いずれの分野の資材も社会の中心的役割を果たすものではありませんが、その時々の課題に対峙し企画・開発してきたものです。
 現在の日本社会は少子高齢化、低い食料自給率、社会インフラの老朽化、そして新たな脅威として疫病の蔓延といった課題を抱えています。小泉製麻はこのような社会課題に対して、私たちらしい工夫を加えた資材で応じて参ります。

私たちはIOTや精密機器を作るようなハイテク企業ではありませんが、少しの工夫で大きな便益を供与できる資材の企画・開発を通じ、社会に貢献できる企業であると自負しております。
 その為にも私たちは「One Step Forward!」を合言葉に、お取引先様や株主様、そして地域の方々のお役に立てるよう一歩踏み込みます。お互いが日々一歩ずつ歩み寄り、その一歩により商品やサービスの改善がなされ、その一歩の積み重ねにより社会がより良くなると考えています。

「かけがえのない企業」を目指し、私たちは日々一歩ずつ進化し、200年企業に向け精進して参ります。つきましては、これからもご支援ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

2020年6月 取締役社長小泉 康史

200年企業に向けて

  • 人を育て、
    組織を最大限に
    生かせる会社

  • 顧客満足を高めるための
    提案やアイデアが
    自然と湧き出る会社

  • ステークホルダーから
    信頼される会社

  • 新たな挑戦を
    いとわない会社

  • ES No.1を
    めざす会社