COLUMNコラム

社員のつぶやき

2021年

2021年がスタートしました
~コロナ厄払いと健康祈願~

新年明けましておめでとうございます。本社のTです🙂
昨年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、「新しい生活様式日常ニューノーマル」という言葉も生まれました。
日々の仕事のやり方や今迄当たり前にやってきたことを大きく見直すことになり、あれこれ実践しているうちにあっという間に過ぎた一年でした。
 
さて、この正月休みは年末からの寒気で一入ひとしお寒さが身に染みましたが、初詣は自宅近所をウォーキングがてら、「多井畑厄除八幡宮たいのはたやくよけはちまんぐう」にコロナ厄払いの参拝をしてきました👏
地元民しか通らない山道をショートカットで抜けると自宅から15分程度で辿り着きます。
 
ここは日本最古の厄除けの霊地と伝えられ、770年神護景雲4年 6月に疫病が大流行した際、それを鎮めるため五畿内(大和、山城、河内、摂津、和泉)の国境10ヶ所に祀られた疫神の一つであると当八幡宮のHPに記載があります。
厄除大祭は1月18日から20日に行われますが、混雑を避けるため年始に訪れました。
例年であればこの時期、参道には露店が出ているのですが、さすがに今年は見送ったようで賑わいがなく寂しい限りです。
何とか早くコロナを鎮めたいものです😌

自宅付近には六甲山縦走路から分岐した様々な登山道や散策道があるので、続いてその中のひとつ横尾散策道へも足を進めました🚶
この散策道の途中には「健康地蔵尊」というお地蔵様があり、ここを通る時には必ず立ち寄ります。
年始でもあり今年一年の健康を祈願しました👏
お地蔵様の両脇にはいつもシニアの方が作ったと思われる “哀愁の川柳” が吊るされており、これを見るのも楽しみです🙂
最近はやはりコロナ関連の句が増えています。

また、この場所は六甲山縦走路の須磨アルプスの少し下のあたりに位置しており、それほど高所ではありませんが、眺めが良く、天気の良い日には遠目に明石海峡大橋を望むことができるのももう一つの楽しみです。
当日は運よくきれいに眺めることができ、元気が湧いてきました👀✨
 
本年も引き続き新型コロナウイルスの感染防止に努めつつ、withコロナの状況でも今できることを One Step Forward!の精神で、前向きにチャレンジしていきます。
この一年も皆様のご健勝とご活躍をお祈りいたします。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!!

同じカテゴリの最新記事

ARCHIVE