COLUMNコラム

商品情報

物流資材・カバー

形いろいろ、機能もいろいろ。
フレキシブルコンテナについて。
こんにちは。物流資材事業部の山東です。
 
今回は
大型の輸送袋を探している
輸送用バッグの形・機能で悩んでいる
…そんな皆様に向けて小泉製麻のフレキシブルコンテナをご紹介します
 
よく『トン袋』『クロスコンテナ』『コンテナバッグ』と様々な名前で呼ばれますが、
ここでは『コンテナバッグ』に呼び方を統一させていただきます。
 
コンテナバッグにはいくつか種類があり、当社が製造・販売しているのは「クロスタイプ
 
クロスタイプはPP(ポリプロピレン)でできた布を縫製したタイプで、基本は1wayワンウェイで使用されます。
繰り返し使用するランニングタイプと比較すると、
1wayは一回の運搬でしか使わないため付帯経費をカットすることができます。
加えて、PPはとても丈夫で、且つ燃焼しても有害物質は出さないので環境負荷が少ない商品です。
 
初めて見たときは「でかいな~」…と思いました👀💦
それもそのはず、なんと1㌧前後の内容物を充填できるのです。
高さも1mを超えるものもあり、横転などが起こらないよう取り扱い時には注意が必要です。
 
充填される内容物は米や麦、樹脂原料、活性炭などの工業薬品、肥料や飼料…様々なものがあります。
このようにコンテナバッグは幅広い業界で使われています🙂
 
さらに、プラスαの機能を兼ね備えたコンテナバッグも当社では取り揃えてます
 
例えば…このようなお悩みを抱えたお客様がいらっしゃいました。
 充填したコンテナバッグを触ると、静電気が発生して作業する人が困っている。
 排出の際、内容物が張り付いてしまって完全に排出できない。
 
この時は排出時の内容物の張り付きの原因のひとつに静電気と考え、
お客様の困った2点にピッタリな「導電性コンテナ」を提案しました。
「導電性コンテナ」は静電気による可燃性物質の火災や爆発を防ぐ目的で使われます。
 
その他にも、
 パレットからはみ出さない・積載効率UP、隔壁付き角型の『エムキューブ 
 ご希望納期に即対応できるレギュラー品
 お客様のご要望に沿ったオーダーメイド品まで
など❕豊富な機能性コンテナを取り揃えています。
 
🚩当社のクロスコンテナの詳細紹介ページはコチラから👉商品紹介『クロスコンテナ』
🚩物流資材カタログも最近リニューアルしましたので是非ご覧ください👉《物流資材カタログ》
🚩お問合せフォームからもお気軽にお問い合わせください👉お問い合わせフォーム

同じカテゴリの最新記事

ARCHIVE