COLUMNコラム

社員のつぶやき

2013年

春のお花

事業開発部・Oです。

だいぶ暖かくなってきましたね。

まちを歩けば、沈丁花の甘い香りに出会ったり、サクラもポツポツと咲き始め、綺麗な樹木の花に目が行き、目線は上へ行っていませんか?

そうそう。他にも、モクレンやレンギョウも咲いていましたね。

その他にも、花はいっぱい咲いていますね。

今回は、公園や道端に咲く、草の花を紹介します。

オオイヌノフグリ(Veronica Persica)ゴマノハグサ科
 ヨーロッパ・アフリカ原産。明治中期に、東京で帰化が確認されて、以後全国に広がった。
 上部の葉のわきに、径8~10mmのルリ色(青などある)で紫色のすじの入った花をつける。
 名前の由来は、「大犬の陰嚢」。大きな犬のフグリの意味。
 花冠は4裂。
 花の時期は、3~5月。

ホトケノザ(Lamium amplexicaule)シソ科
 在来種。
 上部の葉のわきに紅紫色の唇形花を数個輪生させる。
 花冠の下唇は3裂し、中央裂片はさらに2裂する。
 上唇はかぶと状。葉は扇状円形で鈍い鋸歯を持つ。
 名前の由来は、「仏の座」。対生する葉を連座に見立てた。
 花の時期は、3~6月。

 まだまだ道端や公園には、小さな草花が咲いていますので、是非興味を!

自然や花が大好きなOでした。

同じカテゴリの最新記事

ARCHIVE